忍者ブログ

九州 阿蘇山に登ろう

九州 阿蘇山に登ろう  について
忍者ブログ [PR]
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

:2017:10/20/05:06  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2009:06/03/01:53  ++  松本人志&一般人結婚、平凡ボケなしの終着点

松本人志&一般人結婚、平凡ボケなしの終着点

人気お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(45)が結婚したことが17日、明らかに。
相手は元お天気キャスターの一般女性(26)、妊娠中という。

彼は言う―“デリケートな時期なので、できるだけそっとしといてほしいです”
これは女性に対してだけでなく、自分に対する要望でもないかと思う。現に、記者会見については、“した方がいいかと思うのですが、照れくさいのでやめておきます”

彼の場合、結婚が悲願だったということではなく同棲の果ての一つの流れである。もっとも相手の女性は婚約を名目に昨年所属事務所を辞めており、つまりは双方ともこの結末は想定外でない。

さて、彼の生業はお笑いであるが―風俗も芸の肥やしと考えるように、一般人の平凡な思考の型からとにかくはみ出るのがこの業界の生息者の特徴である。その要素もあるからこそ、彼は自ら言うように「普通のオッサンになること」を恐れ、浮名と共に拘束なしの独身を謳歌してきた。

ともあれ、この人種にとって「はみ出る」を自粛する聖域は、事実上ないに等しい。この法則からすれば、「そっとしてほしい」は“大いに騒げ”、「やめておきたい」は“やれ!”と、当人に対し真逆のアプローチで根こそぎ突っ込むことになる。当人の胸中は一切無視、ジョークも含めそこに心理的パワハラの側面はあるだろう。

このように、本来あるべき「笑い」が人の人格を微妙に貶めるおフザケに変質したのが、昨今のバラエティー番組に代表される「お笑い」である。嫌らしいことである。
PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+