忍者ブログ

九州 阿蘇山に登ろう

九州 阿蘇山に登ろう  について
忍者ブログ [PR]
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

:2017:09/26/12:28  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2009:07/24/23:02  ++  小雪「気前よくない」松ケン「認めてもらった」

0776c1e4.jpg女優の小雪(32)の主演映画「わたし出すわ」(監督森田芳光、10月31日公開)の完成披露試写会が22日、都内で行われた。友人たちの夢や希望をかなえるため、身銭を切る女性を描いた作品。自身との共通点を聞かれ、「そんなに気前よくない」と苦笑い。

一方、4月に一部で小雪との親密交際が報じられた松山ケンイチ(24)は都内で主演映画「カムイ外伝」(監督崔洋一、9月19日公開)の試写会に出席。撮影終了後に原作の白土三平氏と話したといい「“本物のカムイがいる”と認めてもらい幸せだった」と笑顔を見せた。
PR

:2009:06/10/06:25  ++  10円、5円、1円玉の流通減少 いずれ、なくなってしまう??

10円玉、5円玉、1円玉の流通高が減っている。どうやら電子マネーの利用者が増えたせいらしい。ひょっとして、貨幣はいずれ、なくなってしまうのだろうか。

電子マネーの普及でおつり需要が減る
日銀の統計データの通貨流通高を見ると、2004年1月には流通高2297億円だった「50円」は、2009年4月には2212億円。同様に、「10円」は2071億円が2024億円、「5円」は623億円が586億円、「1円」は408億円が402億円だった。反対に、「100円」は10156億円が10357億円、「500円」は17552億円が19494億円とやや増加している。

第一生命経済研究所の熊野英生さんは、この要因について、「電子マネーの普及で、1円、5円、10円などのおつり需要が減ったからだ」と指摘する。電子マネーの発行枚数が顕著になったのも04年頃で、小銭の流通高が減った時期とも重なるという。また、06年3月には硬貨流通高が前年同月比0.04%減を記録。日銀によれば、前年春から伸び率が鈍化しており、1971年1月以来初めてのマイナスだった。

なお、100円や500円が多少でも伸びている理由はいまひとつはっきりしない。

:2009:06/08/13:35  ++  「アンナには負けない!」梅宮辰夫が71歳でブログ開設

俳優・梅宮辰夫が、ブログ『梅宮辰夫の不良番長』を開設、71歳にしてブログ・デビューを果たした。2日付で梅宮は「今年71歳になりましたが、果たして皆の仲間にはいれるか、どうか心配ですが、若い世代にもついて行ける様に頑張ります!ヨロシク!アンナのブログに負けないつもりだぜ」と愛娘・梅宮アンナに対抗意識を燃やしている。

:2009:06/03/01:53  ++  松本人志&一般人結婚、平凡ボケなしの終着点

松本人志&一般人結婚、平凡ボケなしの終着点

人気お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(45)が結婚したことが17日、明らかに。
相手は元お天気キャスターの一般女性(26)、妊娠中という。

彼は言う―“デリケートな時期なので、できるだけそっとしといてほしいです”
これは女性に対してだけでなく、自分に対する要望でもないかと思う。現に、記者会見については、“した方がいいかと思うのですが、照れくさいのでやめておきます”

彼の場合、結婚が悲願だったということではなく同棲の果ての一つの流れである。もっとも相手の女性は婚約を名目に昨年所属事務所を辞めており、つまりは双方ともこの結末は想定外でない。

さて、彼の生業はお笑いであるが―風俗も芸の肥やしと考えるように、一般人の平凡な思考の型からとにかくはみ出るのがこの業界の生息者の特徴である。その要素もあるからこそ、彼は自ら言うように「普通のオッサンになること」を恐れ、浮名と共に拘束なしの独身を謳歌してきた。

ともあれ、この人種にとって「はみ出る」を自粛する聖域は、事実上ないに等しい。この法則からすれば、「そっとしてほしい」は“大いに騒げ”、「やめておきたい」は“やれ!”と、当人に対し真逆のアプローチで根こそぎ突っ込むことになる。当人の胸中は一切無視、ジョークも含めそこに心理的パワハラの側面はあるだろう。

このように、本来あるべき「笑い」が人の人格を微妙に貶めるおフザケに変質したのが、昨今のバラエティー番組に代表される「お笑い」である。嫌らしいことである。

:2009:05/28/08:27  ++  紳助「松本は離婚しない。リハが15回…」

 

紳助「松本は離婚しない。リハが15回…」

結婚を発表したダウンタウン松本人志(45)と親交がある和田アキ子(59)島田紳助(53)が19日、都内で行われた「リーブ21」の発毛コンテストにゲスト出席した。2人とも報道前に本人から結婚を明かされた。紳助は「スタジオ出たら、外に(松本が)いて『話がある』って言うから、そうやろなと思った。幸せそうでした」、和田も「電話があったので、コンビ解散か結婚かどちらかだと思った。奥さん連れて遊びにおいでって言ったら『ほんまですかー』って喜んでました」。また、松本がいい夫、父親になると祝福。紳助は「やつは離婚はしないですわ。リハーサル15回くらいやってるから。そっとしといてやって。たたけばほこりが出るから」、和田は「十分に遊んできたんだから、いつまでも暴れん坊将軍ではいかんでしょ、下半身が」。